スポンサードリンク
   


やっぱり憧れるシャネルの化粧下地、バーズ ルミエール


今は日本の化粧品メーカーもとてもセンスがよくなり 
メイクの容器も美しいものが増えましたが
ひと昔まえまでは、どうしてこんなにデザインが悪いのだろうと思っていました。
そんな時に私の心を虜にしたブランドはシャネルでした。
黒が基調のパッケージ、大人の雰囲気があって女性の強さのようなものが感じられ、
でも女性の色気というか、艶っぽさが 上手に表現されている、
私から見たらそんなイメージのシャネルでした。

当時はまだまだ子どもでシャネルの売り場に近づくことも、
シャネルのメイク用品を買うことも 
かなりハードルが高くてずっと憧れのブランドでした。

http://www.chanel.com/ja_JP/
右斜め上 シャネルの公式ホームページはこちらです左斜め上

ある程度大人になって、シャネルの口紅やアイシャドウ、
マスカラいろんなものを自分で使えるようになった時は
自分が大人の女性の仲間入りをしたようで嬉しかったことを覚えています。
今では日本のメイク用品も デザインも質もとてもよくなり、
日本人の肌にあったメイク用品がコストパフォーマンスされ、
シャネルから遠ざかっていましたが、
今また、シャネルに夢中です。



シャネルの化粧下地が今は一番のお気に入り。
中でも、バーズルミエールはファンデーションの下地として最適と称され、
キメの整った また、透明感のある自然な肌色に整えてくれます。
やっぱりシャネルって素敵です。
あの黒の容器が なんだか自分を綺麗にしてくれる、
魅力的な大人の女性に変えてくれる、そんな気がしませんか。
シャネルの化粧下地、40代の女性だからこそ似合うんだと思います。
posted by 40歳からの化粧下地 at | シャネル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


プライベートクラウドとは